2週間で目標を進化させる 〜メンタルコーチの挑戦記15日目〜

   

ultra_challenge15.001

Text by Hiroyuki Yanase(GM)
アスリートのためのビジネススクール by AtoEパートナーズ

ウルトラマラソン挑戦15日目。

Today’s Training

今日は体幹トレーニングのみ。

体幹は非常に弱くて、身体の姿勢の維持が全くできていないと痛感しました。

今日取り組んだのはまさにこの体幹トレーニング。これはランニング前にもやるといいようなので、日々体幹トレーニングも入れていきます。

またこのブログにあるように、ランニングは全身で走るものだそうで。野球と同じだなと思いました。そういうことも意識して取り組んでみようと思います。

Today’s Tips 14  2週間で目標を進化させる

以前にも少し触れましたが、目標には賞味期限があります。つまり、目標が魅力的ではなくなると、モチベーションが下がってきて、トレーニングを継続することが少し辛くなってきます。

今回僕もウルトラマラソンに挑戦すると決めたことで、これまで6年くらいまともに走っていなかったにも関わらず、まず2週間ランニングを続けることができました。これは1つの成果だと思います。

だけど、やっぱり元々ランニングが好きなわけじゃないので、少しずつモチベーションが下がってきます。その時期が(個人差があると思いますが)だいたい2週間くらいなのかなと。

じゃあ、それを乗りこえるためには何をすればいいかと言うと、目標設定の見直しです。

これまで何もしていなかった自分と2週間継続した自分では、明らかに見え方が変わっているはずです。2週間で学んだことが色々あるので、目標が少し近づいていることを実感しています。だからこそ、今立てる目標は、始める前とは違うものが立てられるはずです。正確には「違う目標」ではなく「より詳細まで見えるようになった目標」が立てられるはずです。

僕のケースで言うと、1月2日に立てた目標は「ウルトラマラソンを完走する」ことと「その挑戦の記録をブログに残す」ことです。だけど、今日目標を見直してみると「ウルトラマラソンを完走する過程を通じて、高い目標を達成する難しさや大変さに共感できる人になる。そして、その壁を乗り越える方法論をブログを通して共有することで、同じように何かに挑戦している1万人をサポートする」という言葉に変わりました。

だいぶ具体的になりましたよね?目標が近づいてくるに従って、最初は見えなかった詳細部分が徐々に見えるようになってくるんです。

 

そうすると、またこの目標に向かって頑張ればいいんだ!となるので、モチベーションが上がりますし、よりどこに向かえばいいのかわかるので行動も変わってくると思います。

ぜひ新年に立てた目標がある人は、目標を進化させてみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - メンタルコーチのウルトラマラソン挑戦記