目標は「できるか?」ではなく「取り組む価値があるか?」で決める 〜メンタルコーチの挑戦記16日目〜

      2017/01/21

ultra_challenge16.001

Text by Hiroyuki Yanase(GM)
アスリートのためのビジネススクール by AtoEパートナーズ

ウルトラマラソン挑戦16日目。

Today’s Training

今日はインターバルトレーニングを実施。今日は、軽めで約100m×5本を行いました。

心拍数は計っていませんが、これまでのランニングよりは心肺機能に負荷を形でできたかなと思います。

その後、昨日と同じく体幹トレーニングを2セット行いました。

Today’s Tips 15  目標は「できるか?」ではなく「取り組む価値があるか?」で決める

昨日は、2週間で目標を進化させよう、という話を書きました。その目標設定の仕方について更にポイントをお伝えします。

目標はできるか?」ではなく「取り組む価値があるか?」で決めましょう。

昨日、日本ハムファイターズの栗山監督が自分の野球観やチームづくりについて話してくれるイベントに参加しました。その時に印象に残ったのは「僕は『できるかどうか?』は考えないようにしている。そう考えてしまうと自分の創造力がなくなってしまうから」という言葉です。

どうしても「こんなことを目標に掲げてできるかな?」と思ってしまう方も多いと思います。だけど「できるかどうか?」はやってみたらわかります。何もやらないうちから「できるかな?」と考えても意味がありません。

栗山監督も「できるかな?」ではなく「どうしたらできるか?」しか考えていないからこそ、こういう発言をされているのだと思います。

もしできなかったとしたら、そこから学べば良いんです。ぜひ目標を考える時は、取り組む価値のあることに取り組んでみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - メンタルコーチのウルトラマラソン挑戦記