メンタルコーチの151日間ウルトラマラソン挑戦記 〜4日目〜

   

ultra_challenge4-001

Text by Hiroyuki Yanase(GM)
アスリートのためのビジネススクール by AtoEパートナーズ

 

ウルトラマラソン挑戦の4日目。

 

Today’s Training

今日のトレーニングは、1時間のランニングと12分のウォーキングで終了。

 

現状はスピードは全く意識せず、少しずつ時間を延ばしていますが、4日目でようやく1時間走っても大丈夫になってきました。来週からは、スピードを意識して走る日も作ろうと思います。

 

さて、今日の夜は、大学の学部の同期との同窓会でした。同期の中にはオリンピックのメダリストがいるので、せっかくのチャンスということで、彼に「どうしたらメンタル強くなるか?」を聞いてみました。

 

すると「計画を緻密に立てて、それを全て確実にやりきることだよ。」と。

 

なるほど。
当たり前のことだけど、メンタルを強化する上での1番の基本はここなんだと教えてもらいました。

 

もう1つ教えてくれたことがありましたが、それはまたどこかで。

 

Today’s Tips 3  単調なことを継続するのが苦手な人は、意図的に変化を起こす。

トレーニングを始めて今日で4日目。3日坊主は乗り越えました。

ただ僕はスポーツは好きですが、ランニングすることの面白さはあまり理解できないんですよね。なので、4日も毎日走ってると、単調でどうしても飽きてきます。

今日はそんな時どうするかについてのTipsです。

 

その対処法は、意図的に変化を起こすことです。

 

例えば、ランニングでも、色々な変化を起こすことができます。

・走る場所を変える。
・走り方を変える。
・いつもよりスピードを上げて距離は短く走る。
・タイム計測して走る。
・誰かと一緒に走る。
・音楽を聴きながら走る。
・ランニングシューズを変えて走る。

など、考えればたくさん変化を起こすポイントがあるはずです。

 

ですが、「ランニング=単調なもの」という思い込みがあると、変化を起こさなくなります。別に辞書で「ランニング」を引いても「単調なもの」とは書いてないですよね。

 

どんな単調に見えることでも必ず変化は起こせますし、それが小さなことでも変化を起こすことで、また楽しく行動を続けることができます。

仕事でもトレーニングでも野球の素振りでも、単調なことを継続することが苦手という人は、とにかく変化できるところを見つけてみてください。

どんな変化を起こせば楽しく感じるかは人によって違うので、ぜひ色々実験でやってみましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - メンタルコーチのウルトラマラソン挑戦記