目標を立てる目的とは? Part2 〜メンタルコーチの挑戦記6日目〜

   

ultra_challenge6-001

Text by Hiroyuki Yanase(GM)
アスリートのためのビジネススクール by AtoEパートナーズ

 

ウルトラマラソン挑戦6日目。

 

Today’s Training

今日のトレーニングは、10km/hよりちょい速いペースで走ってみましたが、徐々にペースが落ちていき、26分で息切れとなりました。そのあとはジョグで帰宅。

久々にちょっと追い込んで走ってみたけど、思ったよりは良かった。だけど、やっぱり全然スタミナがありません。

 

メルマガで学んだフォームでちょっと走ってみましたが、追い込んでも、足の疲れは思ったよりなかった。効果的だったのかな?

これについては、要検討です。

Today’s Tips 5  目標は、「今の感情を変えるため」に立てる。

昨日、目標の目的は「今の行動を変えるため」と書きましたが、実はもう1つあります。それは、「今の感情を変えるため」です。

行動を作っているのは感情です。もし「ワクワク」していたら、早く行動したくなります。しかし「不安」を感じていたら、なかなか行動に踏み出すことができません。

なので、目標を見た時に「ワクワク感」など、早く行動を踏み出したくなるようであれば、その目標は合格です。

ですが、目標を見ても何も感情が動かない場合は、その目標はもう賞味期限が切れています。早く別の目標を立てましょう。

別の目標と言っても、違うことをやれと言うわけではありません。例えば、「甲子園出場」という目標ですでにワクワクしていないのだとしたら、「甲子園でホームランを打ち、アルプススタンドに向けてガッツポーズする」など、よりイメージを鮮明にしたり、より高い目標に切り替えましょう。

とにかく目標を見て、感情が動くかどうかを確認して、動かなければどんどん目標を更新していくことで、今の行動をどんどん変えていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - メンタルコーチのウルトラマラソン挑戦記